↑これまでのレシピ一覧は、
こちらでも検索してみて下さい♪

* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -

こんにちは。
IMG_6384
昨日は煮魚に。
銀だらがなんと半額で。
IMG_6378
魚って、調理が面倒だし、人数分買うと実は高いし、
おかずにこれ1切れってわけにもいかず、
もう1品何か作らないといけない感じ、
ついつい作るの手軽な肉に走ってしまうのですよねぇ。^^;
魚にしたとていつもなら私は焼く派ですが、
銀だらが手に入ったので、これはもう煮ないと。
というわけで、煮魚はポイント押さえれば焼くのと同じぐらい簡単で、
失敗なしなので、いってみましょー。
FullSizeRender
魚の大きさに合った、鍋でもフライパンでもいいので、
煮汁をふつふつ煮立たせます。
生姜入れる場合はここで一緒に。
銀だらは臭みがきにならないので生姜いれなくても良いですが、
昨日はなんとなく入れました。
FullSizeRender
そしたら、魚を重ならないように並べて入れます。
まず1つめのポイントは、必ず沸騰した煮汁に魚を入れることです。
煮汁はフツフツしていないところに入れると生臭みが流れ出てしまい、
なんとも生臭い仕上がりになるので。
そしたら、スプーンで煮汁を魚の上にかけ、
煮汁につかっていない部分の色が変わるまで、
フライパンを斜めにして煮汁をすくっては、かけを繰り返します。
FullSizeRender
あとは、落し蓋をして弱火で5分ほど。
魚の大きさにもよりますが、小ぶりな切り身なら4~5分で大丈夫かと。
落し蓋をすると固定されるので、鍋の中でゆらゆら動かず、
煮崩れしづらいのと、煮汁も落し蓋ごしに全体にまわるのとで、
落し蓋必須です。
ちょうどよい大きさがなければ、
魚がかぶる大きさに整えたアルミホイルをかぶせるでも良いです。
最初は強火で、落し蓋したら弱火で。
FullSizeRender
出来上がり。
煮汁がほぼなくなるまで煮詰めると、かなり濃くなってしまうので、
ある程度煮汁が残る程度で火を止めます。
すぐに食べも良いですし、このまましばらくおいて食べる時に再度温めるのもまた、
味しみしみで美味しいです。
上の写真は、空いてるスペースに一緒に添えるごぼうを入れて煮ました。
ごぼうは、魚入れるタイミングで一緒に入れて良いです。
魚がフライパンの中でより動きづらくなり、煮崩れ防止にもなります。
一緒に煮る野菜は、
れんこんや、長ねぎ、春はたけのこなんかもおすすめです。
豆腐も意外といいのですよねぇ。
IMG_6379
あとは盛り付けるだけです。
銀だらにごぼうを寄り掛からせて、
木の芽を添える予定が、冷蔵庫の木の芽全滅…。
仕方なく、小ねぎの先っぽ添えました。
緑があるだけでイメージ全然違うので。^^;
煮魚の失敗どころって、生臭い、煮崩れる当たりかなぁと思うので、
ポイント押さえておけば、思ったより簡単に美味しく出来上がります。
あとは、切り身で作ればまず失敗ないです。
カレイや赤魚、鯛など。
魚まるごと煮るのは、慣れてきたら試してみると良いかと思います。
作り方は同様です。
IMG_6387
他には、
きゅうりとしらすとカニカマ酢の物、
オクラと長芋のめかぶ和え、
きのこと卵白の中華スープ、
明太子、ごはん。
ちょっとおかずもう1品作る気力なくて、明太子添えて、よしとしました。^^;
和えるだけ副菜を膨らませればどうにかなるということでよろしいでしょうか。笑
IMG_6385
銀だらは、脂がのっていて美味しいですね。
濃い味で、ご飯もよくすすみます。
ご飯がすすむのは、焼き魚よりも煮魚なんですよねぇやっぱり。
そうそう、
銀だらは、名前にたらが入っていますが、タラとは違う種類なんですよね。
タラのほうは、あっさり淡泊なのでムニエルや鍋ものがよく合います。
魚、切り身よりも丸ごとの方が安く買えるのですが、
どうにもこうにも気合いいりますよねー丸ごとって。笑
出刃包丁もしばらく出していないし、
何せ今ってスーパーで無料でやってくれちゃうのですものね。
これからの季節、生ごみも激臭しちゃうんでますます丸ごと買う勇気がなくなりそうですが、
魚もやらないとなぁという気持ちは、心の奥底にはあるのです。^^;
そして今日も肉を手に取るんだろうな。笑
(ここまで書いておいて。^^;)
心と行動が伴わないこの感じ、もうどうしたらいいんですかねほんと。笑
ではでは。

* - * - * - * - * -* - * - * -* - * -

【作り方】
・銀だら(切り身)・・・3切れ
・生姜・・・お好みでスライス2枚
・ごぼう・・・お好みで1/4本程度
(A)
・しょうゆ、みりん・・・各大さじ2
・砂糖・・・大さじ1
・酒、水・・・各大さじ3

①魚の大きさに合う小鍋かフライパンに生姜を入れた(A)を強火で煮立たせたら、銀だらを重ならないよう並べて入れ、フライパンを斜めにしてスプーンで煮汁をすくい、魚の上に色が変わるまでかける。
②縦4等分に切ったごぼうを空いたスペースに入れ、落し蓋をして4~5分弱火で煮る。
③熱いうちに食べても、そのままおいて食べる時に再度温めてもお好みで。

* - * - * - * - * -* - * - * -* - * -


































↓献立に悩んでる方いたら、ぜひぜひ読んでもらいたいですー

* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -


↑更新情報が届くのでよろしければ♪

* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -

 お気軽に、
 いいね!&フォローしてもらえると嬉しいです♪ 

  http://instagram.com/yamamoto_ricopin

  https://twitter.com/yamamoto_ricopi

* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -