↑これまでのレシピ一覧は、
こちらでも検索してみて下さい♪


* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -
こんにちは。
IMG_0993
もうずいぶん前のことになってしまいましたが、
栗きんとんを作った時の残りの栗はモンブラン風にしてみました。
ちょっとビジュアルが地味すぎてモンブラン感ないんですが。^^;
IMG_0997
中身はこんな感じになってます。
栗の渋皮煮の上に、生クリームを絞り、
ペースト状にした栗を、ざるで裏ごしてのっけてるだけです。
IMG_1000
こんな感じで、
ざるとゴムべらで裏ごし作業。
モンブランのように、うねうねと長くはなりませんが、
それらしい感じにはなるかと。^^;
練り切りの、きんとんに近いです。
ゴムべらがなければ、大きめのスプーンの背でも良いかと。
IMG_0988
全部裏ごしてから、ほわっとのせるより、
お皿の上にざるをかぶせて裏ごししたほうが、こんもりと潰れないかと。
モンブランがとっても好きなのですが、
メレンゲやスポンジって、なくてもいいなぁって思っていて、
栗とクリームだけなモンブランがあったらなと思い、作ってみました。
個人的に凄く好きなタイプです。
IMG_0999
黒文字を添えましたが、
フォークの方が食べやすいです。^^;
クリームは、普通に生クリームを泡立てて砂糖を入れた甘いシャンティ。
大人は、泡立てたクリームにラム酒を少し混ぜました。
私、ラムの香りがもうほんと大好きなのです。
このモンブランも、ラムが香るだけで一気にお店味になります。
IMG_1003
マフィンカップで作ってもいいかと。
持ち運び便利なので、ちょっと誰かにあげたい時にも。
IMG_0996
とことんシンプルに削ぎ落した感じのモンブランでしたが、
個人的に、モンブランはもうこれでいいなと。
栗を食べたい時に、栗欲がとっても満たされます。笑
1つだけ、
前回栗きんとんを作った時は、皮ごと茹でて中身をほじくり出し、
すり鉢ですって、ガムシロップを混ぜてしっとりさせたのですが、
そっちの作り方の方が、栗の香りが物凄く良かったのです。
こっちは、皮から出した後に水と砂糖で煮るので、
その間に、風味が飛んじゃうのと、色もやや茶色っぽく仕上がります。
それでも全く香りがなくなるわけではないんですが、
やっぱり皮から出してからは加熱しない方が美味しい気がしました。
茹でたらすり鉢ですって、砂糖と少量の水を混ぜるが良いかもです。
IMG_0533
栗きんとんも良いのです。
こっちはすり鉢ですっただけなので、
色もほんのり黄色な白っぽさできれいです。
すり鉢でなめらかにするのは、結構疲れますが、
やはりこっちの方が風味良く美味しいです。
来年はこっちのやり方で、またシンプルモンブラン作ろう。

ではでは。


【作り方】
・栗・・・400g(皮をむくと200g程度)
・砂糖・・・30g
・水・・・200ml
①鍋に栗がかぶる量のたっぷりの水を入れ、皮ごと30分~1時間、竹串を刺してすっと通るやわらかさまで茹でる。
②半分に切ってスプーンでほじくりだすか、包丁で皮をむく。
③鍋に、②と水を入れて水気が少なくなるまで煮たら、砂糖を入れる。
※甘さはお好みで。


↓栗きんとん

* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -

縁日なども♪


* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -


↑更新情報が届くのでよろしければ♪
* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -
 お気軽に、
 いいね!&フォローしてもらえると嬉しいです♪ 

  http://instagram.com/yamamoto_ricopin
    
  https://twitter.com/yamamoto_ricopi

* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -