↑これまでのレシピ一覧は、
こちらでも検索してみて下さい♪


* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -
こんにちは。
IMG_0284
昨日作った海老フライと帆立フライ。
海老はバナメイエビを使ったので、
ポップコーンシュリンプ並みの小ぶりなサイズです。
帆立は、お刺身用の冷凍のものが安かったので、
贅沢に揚げてしまいました。
お刺身用なので、表面さっと揚げて中はほんのりレアなのもいい感じです。
私は、しっかり揚げるのが好き派です。
IMG_0285
魚介は火の通りが早いので、とんかつよりも気楽に作れます。
小麦粉と卵と水を混ぜたバッター液を使えば、さらに楽ちんです。
ただ、バッター液を使う衣づけだと、衣が分厚くなってしまうので、
衣を薄めにしたければ、小麦粉→溶き卵→パン粉の、いつもの順番で。
クリームコロッケなど、破裂しがちなものも、
しっかりと衣づくバッター液が良いかと。
あとはもう、急いでいる時はバッター液が断然早いです。
昨日は、海老も帆立も小ぶりだったので、揚げ油1㎝ぐらいで揚げました。
途中ひっくり返せば、少ない油でもちゃんと揚がります。
揚げ焼きに近いので、色むらや、パン粉がややつぶれるなどはあるので、
見た目をきれいに揚げたい場合は、油たっぷりが良いです。
この日は他にもおかずがあったので、帆立も海老も1人2個ずつ。
帆立フライの揚げたてが、最高に美味しくてちょっと幸せでした。
ではでは。

 - * - * - * - * -* - * - * - * - * -

【作り方】
・刺身用帆立・・・8個
・バナメイエビ・・・8尾
・パン粉・・・1カップ分程度

(バッター液)
・溶き卵・・・1/2個分
・小麦粉・・・50g
・水・・・50ml

①エビは殻をむき、しっぽは残して、しっぽの先端を少し切り落として包丁の背で中に入っている水をしごきだす。
②(バッター液)の材料をボウルに入れて泡だて器でよく混ぜる。
③エビと帆立をバッター液にくぐらせパン粉をまぶし、中温の揚げ油でこんがりするまで揚げる。
※エビのしっぽは衣づけしないので、しっぽを持って衣づけするとやりやすいです。


 - * - * - * - * -* - * - * - * - * -
* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -


↑更新情報が届くのでよろしければ♪

* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -

 お気軽に、
 いいね!&フォローしてもらえると嬉しいです♪ 

  http://instagram.com/yamamoto_ricopin

  https://twitter.com/yamamoto_ricopi

* - * - * - * - * -* - * - * - * - * -